MENU

査定士さんがチェックする重要項目

自分の車を査定してもらうときに、査定士さんがどんなところを注意してチェックすることを知っておくことで、より良い査定を得ることができるのではないでしょうか。

 

愛車の譲渡が考えられいて、愛車車がどの位の価値があるかを知りたければ業者に頼んで査定をやって貰うことが大前提となります。
その時点で車の査定をやる人たちのことを査定士と言っているのです。
査定士は1年で数百台もの車を評価するのが標準ですからその道のプロというわけです。
ちょっとでもいい査定にしてもらいたいからと計画して、いかさまをしたりウソをついたりしたとしても査定士には簡単にバレてしまうようです。
そうしたらこの人物は嘘だらけの人だとみなされてしまいますから、ますますハードルが高い査定を実行されて結果的に普通よりも安価な査定額になってしまう可能性大なので、騙くらかしはしないでくださるようお願いします。

 

さっそく査定ではどういった点を調査されるというのでしょうか?
一番にどんな人でも御存知だと思われますが、その車の車種や年式、車であればグレードなども、それに走行距離、グレードなどがあります。それ以外でボディのキズやへこみなんかも確認されます。
また事故車であったかどうであるのかよく聞く修復歴というものになりますね。ここで事故車であることを隠そうとしたところで、査定士に掛かれば一瞬のうちに見分けられます。
従ってこの場面でも正直に言うことが要求されますね。
それからナビやオーディオなどの装備品などこのところどの車をこういった類の装備はスタンダードとなっているのでくっついている程度では査定のプラスには結び付きません。
それよりもどういったナビが実装されているかが査定額を決定づける重要ポイントになるでしょう。

 

カーナビもチェック

 

これとは別に細かなチェック項目は数えきれないほどあり、具体的に言うと鍵穴やドアノブまわりのキズなども調べられます。
内装の状態は言うに及ばずフロアーマットやトランクルームの汚れや細心の注意を払って確認されます。
こういったものとなると始める前に自分でいくらかきれいに行なえるものですので、車を売り出すと決心したら出来るかぎり内装も自分でお手入れをしておきさえすれば査定額を上乗せができるような仕組みになっています。

 

 

どの程度の時間がかかるか

新潟で車を査定にはどれくらいの時間がかかるのか。それと査定の方法には、自分の車を買取業者の店頭まで持ち込む意外にも方法がないのでしょうか。

 

車の査定をやって貰うためには思いの外な時間が取られるでしょうか?
どの程度の時間を必要とするのか気掛かりなですね。
いくらかの違いはありますけど、ほとんどは10分から15分位で終了すると思ってもらってOKです。その場で正式な査定金額を提示してくれるところもありますし、有名なチェーン店というところでは、店舗で車の確認をやって、その状況を本部に送信して査定額を出すということもあるでしょう。
こうした場合もそんなに時間がとられるということではありません。
そして混雑している場合だと順番待ちになることも考えられますから、できることならば平日など余りこまない曜日やタイミングを狙い査定に持ち込むとうまくいくと思います。

 

査定は店先に車を持っていくばかりか、業者が来訪してやってくれるお店もあります。すなわち業者の査定士さんが我が家に来て車の査定をしてくれることになります。
このケースでは店舗まで出向いたり、まったりする時間が省略できるのでとっても利用しやすいです。
ただし全部の業者でやってくれるわけにはいきませんし、査定料金や交通費とか要求されることだってあるので、出張査定を要望する場合はこういった点なんかも確認をしておく方が良いでしょう。
それから時々、出張査定で買取契約が成立した時のみ、査定料金や交通費は求めないが、契約が成立に結びつかない場合にはそれ相応に実費を請求されていたといった話しもありますから、それに関しても確かめておいた方がいいのかもしれませんね。
私の時は、出張査定していただいた時はタダで交通費なんかも請求されませんでした。