MENU

キズやへこみは修理しない方が良いのか

車の買取査定をしてもらう前に、すでにある車のキズやへこみは修理しないと査定額がマイナスになってしまい損してしまうのではないかと思うのではないでしょうか。
キズやへこみは査定のマイナス材料になることは確かですが、修理する費用と実際の査定金額を比較すれば明らかに修理費用に見合っただけの査定金額のアップは見込めませんから、修理をせずにそのまま査定に出すのが賢いやり方というか、買取査定をしてもらっている方のほとんどはそのようにしています。
買取業者では自社工場や提携している工場で修理するために通常よりも安いコストで修理が可能なので、そもそも自分で修理にかかったコストに見合った査定額のアップの可能性がないためです。

 

キズの種類による査定のマイナス要素

実際は細かな小さなキズなら査定でマイナスになることはないようです。細かな小さなキズとはコンパウンドなどで研磨すれば消えるような傷です。
ただしこのようなキズは素人目から見るとはっきりとわからないことが多いのですが、プロの目から見れば簡単にわかるのだそうです。ですから査定士さんが実際に査定をしてキズを見ればこれは消えるキズか消えないキズ化は一目瞭然なのです。
また1センチにも見たいなキズやへこみなら査定のダウン要素にはならないことがほとんどです。
もう一つはキズがある箇所がある部分に集中しているか、あるいはバラバラに点在しているかどうかでも査定は違ってくるので、単純に傷が多ければ多いほどマイナス要素になるとは言い切れないのです。
一例をあげればバンパーに大きな傷とそれ以外にもいくつかの深く大きめの傷がいくつかある場合ですが、この場合はバンパー全体を交換するか塗装したりするかになるのでキズの個数だけマイナスになるわけでなくバンパー全体の修理あるいは交換ということで査定額がダウンされます。
これは当然ですね。
次に一つの傷であったとしてもその傷がドアとフェンダーにまたがっているキズだとしてらドアとフェンダー全体の修理が必要になることもありますから、こういう場合は一つの傷だとしてもかなりのダウン査定になる要素を含んでいます。

 

小さい傷は自分で治すべき

小さなキズで磨けば消えそうなキズだったら思い切って自分でコンパウンドで研磨してみては良いのじゃないかと考える方もいるでしょう。
車の修理の経験や知識とテクニックに自信のある方であればやってみても問題はないでしょうが、もしそうでないのならやめた方が無難だということです。
それは下手にやると修理跡が残ったりしてしまうからです。そうなるとこれはキズが残っている以上にマイナス査定になってしまうのです。
腕に自信のある人以外はおすすめできません。