MENU

洗車やクリーニングなどメンテナンスで車の査定額をアップ

日頃のメンテナンス

日頃から洗車はワックスがけなどを行って愛車をきれいな状態にしておけば、よりきれいな状態で売りたいときに売りに出すことができます。
ワックスなどかけてきれいにしたからといって査定額アップするわけではありません。
ですがワックスを定期的に実施することで車がピカピカになるだけでなく、ボディの傷を防止する効果もあるのです。
査定の時にもメンテンナスがキチンとされて大事に乗っている車だと判断され査定士さんも良い印象を持つのです。
その逆に洗車やワックスがけなどほとんどやらないようならその逆に車のメンテナンスがされていないこともあり査定士の印象が悪くなるようです。
そしてもう一つメンテナンスをきちんと行っているという証拠になる定期点検記録簿があります。
たいがいはダッシュボードなどに車検証と一緒に保管されているはずです。
記録簿には12か月点検や24か月点検を行った際に整備工場で記録してくれるものですが、そこには交換や調整、修理などの記録も残されていますから確実に点検を受けていてメンテナンスをされていることを現す証拠ですから査定士もチェックして査定額のアップにもつながることもあるようです。

 

査定の直前にするクリーニング

車を買取業者に売り渡すために決まって査定を受ける前には洗車やクリーニングをしておけば査定額アップにつながるということはないです。
ただ査定士さんの印象をよくするという意味では間接的に査定に影響を与えるということもあるでしょう。
そこでどういったところをクリーニングしておけばよいのかをこちらで説明していきましょう。
まず心得てほしいのは徹底的に時間をかけて洗車やワックス、室内のクリーニングをする必要はないということです。
時間に余裕があってできるのであればしてもいいかもしれませんが、時間と労力をかけたからといって査定額は高くなりません。
ですから必要最低限のクリーニングでもOKです。

清掃箇所
  • ボディの洗車
  • シート
  • フロアマット
  • ウインドウガラス
  • トランクルーム
  • ダッシュボード
  • パネル

 

ボディの洗車はコイン洗車で十分です。
車内の清掃も目に付く汚れやごみを取り除いたり水拭きしてください。
フロアマットとその周辺には土汚れや小石などがついてることが多いですが、これらもコイン洗車にある掃除機を使って取り除きましょう。ちょっと面倒ですがマット取り出して軽くたたいたりすれば土埃などはある程度なくすることができます。

 

車内の臭い

これはけっこう大事ですね。車の中の臭いはいつも乗っている自分自身や家族にあまり気づかないものですが、年々も乗っていれば車内には汗やタバコ、ペット、その他の臭いが染みついている可能性があります。
ですから、前もって消臭スプレーなどで臭いをできるだけ消すようにしましょう。社内の換気も重要です。
もし喫煙者の方なら、買取査定に出す1か月程度前から社内での喫煙は止めるようにした方が良いでしょう。